2017年10月15日日曜日

[2017.10.15] 練習試合 むさしのFC

都リーグ2部に所属するむさしのFCとの練習試合。
あいにくの天候でしたが人工芝ということもあり、ややスリッピーな
ことを除けばほとんど雨の影響なくプレーすることができました。

前半は序盤から守備がはまらず押し込まれる展開。
奪っても重心が低い為FWが孤立しなかなか効果的な攻撃を繰り出せず、
GK篠崎選手の再三の好プレーに救われる苦しい状況の中、自陣左サイドを
崩された後にオウンゴールで失点します。

前半の終盤に差し掛かった頃からようやく本来のバランスを取り戻すと、
テンポ良く左右にボールを散らしながら押し返し続けざまに決定機を
作るもののフィニッシュでことごとく精度を欠き無得点、1点の
ビハインドで前半を折り返します。

流れを掴んだ後半はスタートから優勢、選手同士の距離感も良く、
少ないタッチでボールを出し入れしながら失った後も守備への早い
切り替えで主導権を握り相手陣内でのゲームを展開すると、半ばに
ゴール正面でボールを受けた30矢部選手がポストを叩きながら
捻じ込む強烈なゴールを決め同点。

さらに相手PA内で30矢部選手の巧みなアシストから抜け出した18細田選手
が冷静にネットを揺らし逆転すると、この試合大車輪の活躍を見せる
30矢部選手がやや距離のあるところから濡れたピッチを活かした
低い弾道のキックを突き刺し追加点、3-1で勝利しました。

練習試合 40分×2本
vs むさしのFC(東京都2部)

前半 0-1
後半 3-0
合計 3-1

得点者
30矢部×2
18細田

2017年10月9日月曜日

[2017.10.08] 練習試合 下忍、フォルテシモ

リーグ戦が終了し心機一転新たな目標に向け再スタートを切った
トップチームの練習試合。

共に県3部北部地区に所属する下忍クラブと熊谷FCフォルテシモ、
3チームによる巴戦が行われました。

熊谷フォルテシモとのゲームは序盤からゲームを支配すると
14岸選手の2得点のあと1点を加え3-0で勝利。

下忍クラブとの試合はコンパクトな陣形でブロックを作る相手の
集中した守備陣をなかなか崩せず良い形でフィニッシュまで
持ち込めない展開でしたが、後半8森選手が芸術的なFKでネットを
揺らし、1-0で勝利しました。

下忍クラブ、熊谷FCフォルテシモの皆様、ありがとうございました。


練習試合 30分×2本
vs 熊谷FCフォルテシモ(県3部北)

前半 3-0
後半 0-0
合計 3-0

得点者
14岸×2、練習生


練習試合 30分×2本
vs 下忍クラブ(県3部北)

前半 0-0
後半 1-0
合計 1-0

得点者
8森

2017年10月1日日曜日

[2017.10.01] 県リーグ3部 最終節 MMサントス



県3部最終節となる第10節延期分は、今リーグ僅か4失点という
堅守と粘り強い戦いで上位に踏み止まるMMサントスFCとのゲーム。

勝ち点2差に上位4チームがひしめき合う混戦で迎えたこの試合、
直前に首位東京国際大学ドルフィンズFCが引き分けたため、
勝った方が逆転で2位確保という重要な大一番となりました。

前半は双方先に失点することを避けるためリスク管理を優先させ
蹴り合う展開。固いピッチに午後からの強風も影響しなかなか
ボールが落ち着かないままスコアレスで前半を折り返します。

後半は技術面でのアドバンテージを活かすため多少リスクを
犯しボールを保持する時間を増やしながら攻勢、左右のスペースを
突きながら相手ゴールを目指しますが、対戦相手のMMサントスの
集中した守備陣を崩せないまま終盤戦へ。

怒涛のように相手ペナルティボックス内に押し寄せながら
得点を奪えず残り時間も僅かとなった後半40分、後半から
出場した大黒柱10牧田選手が激しいチャージで倒されPKを獲得。
決めれば勝利に大きく近づく重圧との戦いは相手GKに軍配、
最初のキックをストップされるとリバウンドも驚異的な
セービングに遭いクロスバー直撃。

引き分けでは意味のない後半AT、前掛かりに得点を奪いに行った
所で逆襲に遭いカウンターからまさかの失点。
直後に試合終了のホイッスルが吹かれ0-1で敗れる結果となりました。

非常に残酷な結末となってしまいましたが、前期終盤戦以降の
選手達の頑張り、努力、取り組む姿勢は本当に素晴らしかった。
実績のあるベテラン勢が次々に引退する難しい状況の中で、
特に18細田主将が見せたキャプテンシー、リーダーシップは
特筆に値する、まさにチームの鑑として相応しいものでした。

来季も大学勢の強敵や、2部から降格する経験豊富なチームを
迎え撃つ非常に厳しいリーグ戦になることは間違いありませんが、
今のように若い世代が一丸となって努力すれば必ず結果は
付いてくるはずです。
一人一人が全力で、心を一つに、これからも頑張って行きましょう。

最後になりますが、対戦相手のMMサントス、全選手が体を張って、
気持ちを込めて、勝利への執念を最後まで見せつけた、素晴らしい
チームでした。
今後のプレーオフそれから2部との入替戦の健闘を心よりお祈りします。

県リーグ3部 最終節
vs MMサントスFC

前半 0-0
後半 0-1
合計 0-1

得点者
なし

警告
なし

[2017.10.01] 狭山フェスティバル 準決勝 アルドール2nd



悪天候のため延期となっていた狭山市サッカーフェスティバル準決勝、
今シーズン狭山市2部を制し1部昇格を決めたアルドール狭山2ndとの対戦。

序盤、右サイドから19大野選手が送り込んだ絶妙のクロスに対し
ファーサイドで6熊田選手がダイレクトで合わせ先制。

その後も押し気味にゲームを進めますが追加点を奪えずにいると
前半終了間際に振り向きざまに見事なミドルを叩き込まれ追い付かれます。

後半も右サイド23沼澤選手と19大野選手の連携を軸に主導権を握るも
決定的な場面でフィニッシュのミスが続き無得点。
大会規定によりPK戦へともつれ込みます。

双方5人目まで決めて迎えた6人目、先行ラトルズナイトのキックは
ポスト直撃で失敗すると、後攻アルドールの選手に決められ万事休す。
今シーズン初タイトルを目指して強い気持ちで戦った大会でしたが、
残念ながら準決勝で敗れ3位決定戦へ回ることとなりました。

狭山フェスティバル 準決勝
vs アルドール狭山2nd(狭山市2部)

前半 1-1
後半 0-0
PK 5-6

得点者
6熊田

警告
27阿部
7石川

2017年9月24日日曜日

[2017.09.24] 県リーグ3部 第11節 飯能KATOH.FC



トップチームの県3部第11節、飯能KATOH.FCとの試合が行われました。
プレーのスピード、精度、判断の質、選手同士の距離感、全てにおいて
ちぐはぐな前半は相手のPKのミスにも救われ何とか無失点で終えるも
数多く得た決定機もフィニッシュでことごとく枠を捉えられずスコアレス。

頭から2選手を投入した後半はサイドのスピードを活かした突破で
制圧し主導権を握ると、8分にゴール前のこぼれ球を拾った8森選手が
右足アウトサイドで巧みにネットを揺らし先制。

この得点でようやく肩の力が抜けその後はゴールラッシュ。
18細田主将の2ゴールや途中出場の大黒柱10牧田選手も2度ネットを
揺らすなど、後半だけで7得点を挙げ7-0の勝利となりました。

県リーグ3部 第11節
vs 飯能KATOH

前半 0-0
後半 7-0
合計 7-0

得点者
8森
18細田×2
10牧田×2
14岸
7山田

警告
4中嶋